ホームページ制作をアウトソーシングする利点 | ホームページ制作関連コラム | 千葉 visual art

ホームページ制作 千葉 visual art

ホームページ作成時, ホームページ制作関連コラム

ホームページ制作をアウトソーシングする利点

投稿:2018/10/10 更新:2018/10/19

アウトソーシングで専門家に任せて安心
さて、今回はホームページ制作をアウトソーシングする利点と題して、デザイン部分やHTMLコーティング、CMS構築などを外部の制作会社に委託した場合のメリットとデメリットを考えていきます。
 

アウトソーシングとは

まず、アウトソーシングとは、企業内部で担っていた業務を外部に業務委託することです。
ホームページ制作を自社の部署が担当している企業が、外部の制作会社などにホームページ制作を依頼すると考えれば分かりやすいでしょう。
 

ホームページ制作をアウトソーシングするメリット

WEBデザインなど高いクオリティが提供される

まず、ホームページ制作をアウトソーシングするメリットとして考えられるのはWEBデザインなどの高い技術を得られることでしょう。
大手企業であれば自社にWEBデザイナーを抱えていることもあるかもしれませんが、一般企業であればワードやエクセルなどが得意な人がデザインはよく分からないけれども担当になっているということもあるのではないでしょうか。
もちろん、WEBデザインだけでなく、WordPressなどのCMSのカスタマイズもより精度の高いものが提供されるでしょう。

人件費(費用)を抑えることができる

WEBデザイナーを自社に抱えようとするとそれなりに人件費がかかります。外部に委託することにより、ホームページを制作する時、リニューアルする時以外は費用がかかりません。

リスク回避が可能

自社にWEBデザイナーを抱えていて、その人にすべてを頼ってしまっていた場合、その人が辞めてしまった場合に代わりの人を探すのは大変です。
それを考えると外部に委託しておけば、自社の更新などをしているWEB担当の人が辞めてしまっても、最悪外部の委託している人に連絡をとればスムーズに引継ぎができる可能性が高いです。
 

ホームページ制作をアウトソーシングするデメリット

まとまった外注費用が必要

ホームページ制作をアウトソーシングするということは、ホームページの新規制作やリニューアルの場合が多いかと思いますが、期間を決めて制作することになるので、WEB担当を兼任している従業員と比較すると成果物に対する対価がそのまま費用として必要になります。

内部のように素早い対応は厳しい

社内の従業員に指示するように、すぐに対応を期待するのは厳しいかもしれません。
外部に委託する会社は他にも案件を抱えていて、貴社だけを優先して対応というわけにはいかないので、計画的に時間に余裕をもって制作依頼する必要があります。

業者選びに労力がかかる

一度業者が決まり、その後何年かやりとりをしていけば心配はないかもしれまんが、最初に業者を選定する時は慎重になる必要があります。
調子のよいことばかりをいる業者はいざ契約をしてみるとその通りと限らないかもしれませんし、逆に厳しいことをいう業者の方が契約後は親身になって対応してくれる業者かもしれません。
 

visual artにできること

visual artでは貴社のホームページの制作やリニューアルをデザインが得意なWEBデザイナーを中心に個人事業者がチームを組んで対応いたします。
貴社にマッチしたCMSが必要な時はシステムエンジニアと、その他必要に応じてライターやフォトグラファー、グラフィックデザイナーと連携しながら貴社のご要望に応じたホームページを制作いたします。

また、システム会社などシステムは得意だけどWEBデザインは苦手だという企業さまにはPhotoshopデータでのWEBデザインだけのご提供もしております。

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
 

ホームページ制作料金プラン

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

  • .

千葉、東京、横浜を中心に全国からホームページ制作を承っております。
ホームページ作成のご相談・お見積は無料です。まずは概算見積をしますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積+ご相談(無料)

PAGE TOP