WEBブランディング | ホームページ作成サービス | 千葉 visual art

ホームページ制作 千葉 visual art

ホームページ作成サービス

WEBブランディング

WEBブランディングとは

WEBブランディング企業の想いをデザイン化する浸透させ固定ファンを増やす

人それぞれに個性があるように、各店舗、各企業にも個性、風土などのブランドパーソナリティ、また人それぞれに夢や目標があるように企業や店舗にもビジョンなどがあります。 どのような企業なのか、どのような店舗なのかを社会に分かりやすく示し、認知度を高め、共感を得て、各企業、各店舗のファン(固定客)を増やしていくのがブランディングです。
価格競争脱却のひとつの方法としてブランディングは注目されています。しかし、価格をさげれば短期的に結果がでるのとは異なり、ブランディングは長期的に考えて結果を求める必要があります。

まず、企業のビジョン、ミッション、バリューなどの企業理念を明確にして、どのような企業か、商品やサービスを提供するバックグラウンドは何なのかを社外、社内に浸透させることが大事です。言葉だけでは伝わりづらいので、一般的にそれらをロゴやコミュニケーションツール(ホームページ、会社案内等)にデザインして分かりやすく伝えます。

企業として一貫性のある各種デザインで企業の個性(ブランドパーソナリティ)を鮮明にし、機能面ではなく心に訴える違いをはっきりさせ、同業他社との差別化を図ることがポイントです。
一貫性のある企業イメージで認知度を向上させ、企業イメージが浸透すれば、ロゴを見ただけで、サービスや商品、企業のイメージがすぐ浮かぶようになるまで企業価値も高められます。

また、企業に共感を感じた人々は、すぐに商品の購入やサービスを受けなくても、しかるべき時にその企業を候補の一つとして心にとどめる見込み客になるでしょう。
最終的には、その企業イメージを信頼、共感する人々が熱狂的なファンになれば、価格が同業他社より高くても気にすることなくその企業の商品の購入やサービスの提供を受ける固定客につながります。

上記のようにどのような企業かを広め、共感を得てもらい、見込み客、最終的には固定客につなげるようにWEB上で行うブランディングが「WEBブランディング」です。

なお、ブランディングの詳細については、「ブランディング | ホームページ制作関連コラム」で例をあげてご案内していますので合わせてご参照ください。

WEBブランディングの流れ

ブランディングは即効性のあるものではないので、浸透するのに時間はかかるかもしれません。
しかし、焦らずじっくりと行うことが大事になるでしょう。

まず、WEBブランディングを行う上で大事になってくるのが、企業理念、店舗のコンセプトとその扱う商品、サービスになります。

どのような想い(理念、コンセプト)の上で、どのようなターゲット層に、どのような商品、サービスを提供する(している)のか、他社と比較してどのような部分が魅力的なのか整理する必要があります。

新たに起業する場合は、企業理念や店舗のコンセプト、商品やサービスの特徴を理解した上でロゴを作成します。
また、ロゴが既にある既存の企業、店舗の場合はそのロゴが企業や店舗に合ったものなのかを検討します。ロゴが企業や店舗に合わない場合は新たにロゴを作成します。

そして、そのロゴを軸にホームページを制作する作業に進みます。料金については、「こだわりロゴ+ホームページ制作プラン」も合わせてご参照ください。

ホームページも制作して完了でなく、顧客になるであろうターゲット層のユーザーに向けて有益な情報を提供するためにコンテンツを追加作成していき、サイトへの集客を増やしブランド認知や顧客の獲得につなげる努力を続ける必要があります。

また、ブランディング全体を考えるのであれば、ホームページが企業や店舗、商品をうまく表現されたデザインをされていたとしても、販促ツールがうまくデザインされていなければ意味がありません。
よりよいブランディングにするのであれば、デザイン規定を策定し、名刺や封筒、会社案内などの販促ツールも作成することをお薦めします。
visual artでは個人事業主がチームを組んでブランディング全般のデザインを承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ロゴ作成(CI、VI開発)

まず、ロゴを作成し、それに基づきデザイン規定を策定するのが一般的です。
ロゴというのは、企業や店舗の顔であり、企業理念や店舗のコンセプト、商品やサービスの事業概要に基づくものです。
そして、ロゴやコーポレートカラーの使用方法などを記載したデザイン規定に基づいて他のツールのデザインを進めていいくことによって企業や店舗の差別化を表現することができるでしょう。

企業サイト、店舗サイト作成

ロゴを作成し、デザイン規定が決まったら、それを基にホームページを作成していきます。
企業や店舗のイメージを表現する場になると思いますので、ロゴを軸とした御社独自の企業理念や店舗のコンセプトにあったデザインで進めることが大事になります。
企業、店舗のイメージが看板、ホームページ、会社案内などの販促ツールによってバラバラの企業や店舗を見ることもあるかと思いますが、バラバラのイメージでは企業や店舗のイメージを浸透できなくなってしまいます。

オウンドメディアによるコンテンツマーケティング

企業や店舗のホームページは制作しただけでは十分とは言えません。どのような企業・店舗なのかのコンテンツを自社サイト(オウンドメディア)で発信していくことが大事になってきます。visual artでは自社で情報発信可能なWordPressなどのCMS導入から記事を作成するライターのご紹介まで行っています。

キャンペーンサイト

商品をアピールするためには、各商品独自のキャンペーンサイトを作成して認知度をあげたり、消費者の反応をみるのも有効かもしれません。

モニターサイト

また、商品開発や商品の評判をリサーチするためにモニターサイトを作成して、商品のモニターを募集して、世に出すよりよい商品を探究するのも大事になってくるでしょう。また、顧客、消費者と共同で商品を開発することで固定客(ファン)を増やし、口コミで商品の認知度があがるなどの思わぬ副産物を手に入れることもあるかもしれません。

アンケートサイト

商品やサービス、また世の中の考え方などを市場調査するのも、よりよいサービスや商品を供給するためには必要でしょう。新しいブランドを立ち上げたり、新しい商品やサービスを提供するするヒントを得ることもできるでしょう。

ブランディングデザイン全般(販促ツールデザインなど)

名刺や封筒、会社案内やパンフレット、看板などについてもロゴを軸とした企業理念や店舗のコンセプトに合わせる必要があります。
visual artでは個人事業主がチームを組んで、WEBサイト(ホームページ)だけでなく、その他の販促ツールのデザインについてもご提供することが可能です。

ホームページ制作料金プラン

千葉、東京、横浜を中心に全国からホームページ制作を承っております。
ホームページ作成のご相談・お見積は無料です。まずは概算見積をしますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積+ご相談(無料)

PAGE TOP