WEBブラウザ | WEBサイト構築用語集 | 千葉 visual art

ホームページ制作 千葉 visual art

WEBサイト構築用語集

WEBブラウザ

WEBブラウザとは、WEBページを見るためのソフトです。

よく使われているWEBブラウザとしては、Internet Explorer(IE、インターネットエクスプローラー)やChrome(クローム)、Firefox(ファイアーフォックス)、Safari(サファリ)などがあります。

WEBブラウザはURLアドレス欄にwww.○○○.com等のアドレスを入力することにより、指定したアドレスのWEBサイトのページのHTMLを解析してテキストファイルや画像ファイルを分かりやすいように表示します。

また、Flashなどのアニメーションや動画などはプラグインなどの外部のプログラムと連携して表示します。PDF形式のファイルに関してもFlashと同様に外部のプログラムと連携して表示されます。

それ以外には、PerlやPHPなどのプログラミング言語と連携して、WEBサーバ上でプログラムを動作させて動的なことを行うことも可能です。たとえば、お問合せフォームに内容を書き込んで送信ボタンを押すと担当者にメールを送信させたりします。

このようにWEBブラウザはただ単に閲覧するだけの機能だけでなく、他のプログラムと連携することによって様々な機能を持っているということが言えるでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください

  • .

千葉、東京、横浜を中心に全国からホームページ制作を承っております。
ホームページ作成のご相談・お見積は無料です。まずは概算見積をしますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積+ご相談(無料)

PAGE TOP