サイトをモバイルフレンドリー(スマホ対応)させるベストな方法 | ホームページ制作関連コラム | 千葉 visual art

ホームページ制作 千葉 visual art

HTML・CSS, WordPress・CMS, ホームページ制作関連コラム, レスポンシブデザイン・スマホ対応

サイトをモバイルフレンドリー(スマホ対応)させるベストな方法

投稿:2016/05/13 更新:2018/07/12

モバイルフレンドリーサイト
さて、Googleがスマホ対応させているサイトかどうかでモバイル検索時の順位に影響するようになると発表してから一年近く経ちますが貴社のサイトはスマホ対応(モバイルフレンドリー)のサイトですか。

今から新規でホームページを制作する予定の企業、現状のホームページをリニューアルすることを考えている会社、現状のPCサイトはそのままにスマホ対応をお考えの店舗など様々かと思います。

下記の質問(1-4)に答えれば、貴社にぴったりの方法(A-D)が見つかります。
 

1. 新規やフルリニューアルでホームページを制作する予定ですか。

はい ( 2 へ)
いいえ ( 3 へ)
 

2. お知らせなどをホームページ管理画面から自社更新したいですか。

はい ( A をおススメします)
いいえ ( B をおススメします)
 

3. 貴社のホームページには自社更新可能なCMS(管理画面)のWordPressは導入されていますか。

はい ( C をおススメします)
いいえ ( D へ)
 
 

A. WordPressを導入してテンプレートの切り替えでスマホ対応

CMS(管理画面)のWordPressを導入し、プラグインでPC用とスマホ用のテンプレート(デザイン)を切り替えて対応する形のホームページ制作をおススメします。

既存サイトにCMSのWordPressを導入して対応させることも可能ですが、現状サイトの作りによっては導入できない場合がありますので詳細はお問い合わせください。

なお、PHPとMySQLが動作するサーバーが最低条件となります。
PHPとMySQLの最低バージョンなどの条件もありますので詳細はお問い合わせください。

 

B. モニターの幅に応じてデザインを切り替える形でスマホ対応

モニターの幅によってCSS(デザイン)を切り替えてPCやスマホに対応するレスポンシブデザインのホームページ制作をおススメします。

レスポンシブデザインにCMS(管理画面)を導入することも可能ですが、その場合はレスポンシブデザインにこだわらず、費用面を考慮して A の形でもよいかもしれません。

 

C. 現在のサイトのWordPressにスマホ用テンプレートを追加してスマホ対応

現状サイトのWordPressにPC用とスマホ用のテンプレート(デザイン)を切り替えられるプラグインを導入して、スマホサイト(スマホ用テーマ)だけ制作する形をおすすめします。

WordPressの最新バージョンが導入されていることが最低条件となります。その他条件がありますので、詳細はお問い合わせください。
 

D. WordPressを導入して、既存PCサイトと新規スマホサイトの形で対応

まずは、WordPressを導入して、既存のPCサイトをテーマ化(テンプレートデザイン化)します。また、新規で一からスマホサイトを別途制作してスマホサイトもテーマ化して、どの端末(PCか、スマホか)からのアクセスかによってテーマを切り替えるようにする方法をおすすめします。

なお、WordPressの最新バージョンが導入されていることが最低条件となります。その他条件がありますので、詳細はお問い合わせください。
 
 

まとめ

以上、いかがでしたか。

スマホ対応でレスポンシブデザインにこだわっておられる方もいるかもしれませんが、新規で一から設計しないと、ちゃんとしたレスポンシブデザインサイトを導入するのは厳しいです。

レスポンシブデザインにこだわらないのであれば、費用面を考えるとWordPressを導入したサイトをvisual artとしてはおススメします。
その他、ご不明な点等がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

  • .

千葉、東京、横浜を中心にホームページ制作を承っております。
ホームページ作成のご相談・お見積は無料です。まずは概算見積をしますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積+ご相談(無料)

PAGE TOP